ハンカチーフの使い方

ちょっとした贈り物

ちょっとした贈り物

ちょっとお世話になったとき。
いただきものをもらったとき。
相談にのってもらったとき。
ひさしぶりの友人に会うとき。

そんな“ちょっとしたプレゼント”をする機会、
結構ありますよね。
そんなときには、相手の負担にならずに
さりげなく気持ちが伝わる、ハンカチーフ。

あの方が喜んでくれる一枚はどれでしょう?
あなたのセンスでお選びください。

ひざかけ

ひざかけ

食事のときや座ったとき、
ひざの上にふわっと広げられる
ハンカチーフ。素敵ですよね。
みだしなみのひざかけも、
人目に触れるもの。
せっかくなら、
お洒落なお気に入りを使いたいものです。

選びかたは、大判で、広げた時に
美しい柄であることがポイント。
お洋服やお着物に合った色だと、
さらにお洒落度がアップします。

フォーマル

フォーマル

フォーマルな場面で、意外に気になるハンカチーフ。その場にふさわしい、きちんとエレガントなハンカチーフには、大人の女性のこころづかいが感じられます。

フォーマルな場面で、迷ってしまうという声を多く聞くのがお通夜やお葬式の場でのハンカチーフ・マナー。
色物や華やかな柄ものはもちろん、避けたいところ。オーソドックスなのは白いハンカチーフ。
シンプルな無地が基本ですが、刺繍やレースも控えめなものであれば、大丈夫。
また、黒やグレイのハンカチーフならきちんと用意された印象でさらにふさわしいといえるのではないでしょうか。
座った時のひざかけとしても違和感なくなじんでくれます。

特別なときのための1枚。
ぜひ揃えておかれてはいかがでしょうか

お顔ふき

お顔ふき

手をふくのに便利なタオルチーフも、
デリケートな顔のお肌にはちょっと…
という方、結構いらっしゃいます。

お顔にはやわらかい素材のハンカチーフを選んで
そっとおさえるようにふいてあげてください。

ファンデーションがついてしまっても
あまり目立たない色を選ぶことがポイントです。

ネッカチーフとして

ネッカチーフとして

襟もとがちょっと寒かったり
強い陽射で日焼けが気になったり。

そんなときはハンカチーフが、
ネッカチーフとして大活躍。
コットンだから肌触りもよく、
汗も吸い取ります。

サイズは、48cmくらいからOK.
顔うつりのよい色や柄をお選びください。
お洒落と実用の、一石二鳥です。

Copyright (C) 2000. BLOOMING NAKANISHI & COMPANY, All rights reserved.

ブルーミング中西株式会社

CLOSE