スワトウ刺繍


スワトウ刺繍は、もともと伝統的な刺繍技術を持った地に、
18世紀頃、キリスト教の宣教師がヨーロッパのレースや刺繍技術を伝えたことによって
独自の刺繍文化が生まれ、花開きました。


一針 一針 人の手によって。

現在は、数少ない年配女性たちがハンカチーフの刺繍に携わっていますが、
若い世代の担い手がほとんどいないため
技術の伝承ができなくなっています。
特に細かい柄のものの中には、すでに作ることができないものもあり、
一枚一枚が貴重な「作品」のようです。


母から娘へ。

15 才ぐらいから刺繍を覚えはじめて、10 代後半より刺繍の仕事に携わっています。
「ハンカチーフの刺繍は細かくて大変なのよ!」と言いながらも
誇らしげな女性たちです。

スワトウ刺繍のテクニック

生地に穴をあけて、その中で糸を渡したり編んだりして「クモの巣」のような形を作ります。(a)
生地の糸を一本一本、本数を数えながら引き抜いていき(b)
残った糸をかがってレースのような透かし模様ができあがります。(c)
芯となる糸の上から、かぶせるように刺繍をして盛り上げる技法です。(d)

スワトウ刺繍の道具

刺繍に必要な道具は、籐や竹で作られた枠、ハサミ、そして針と糸。
それだけで全ての柄ができあがります。
刺繍の種類、場所によってさまざまな太さの糸を使いわけて繊細な柄を表現します。

 

SWATOW写真

大切な日の特別な一枚

着物の帯に挟んだり、
小さなバッグにしのばせるのにも
ちょうど良いサイズ。
正式なお席には、スワトウハンカチーフを…。

商品ラインナップ

Copyright (C) 2000. BLOOMING NAKANISHI & COMPANY, All rights reserved.

ブルーミング中西株式会社

CLOSE