スワトウ刺繍

SWATOW スワトウハンカチーフ

スワトウ刺繍は、もともと伝統的な刺繍技術を持った地に、
18 世紀キリスト教の宣教師がヨーロッパのレースや刺繍技術を伝えたことによって
独自の刺繍文化が生まれ、花開きました。

SWATOW地図

スワトウ刺繍は、中国広東省汕頭市近郊の村々で作られています。
19 世紀から20 世紀にかけてテーブルクロスやナプキン、そして
ハンカチーフが汕頭の港から各国へ渡り、
スワトウの名は、世界的に有名になりました。

スワトウハンカチーフ

SWATOW写真 SWATOW写真

刺繍に必要な道具は、籐や竹で作られた枠、ハサミ、そして針と糸。
それだけで全ての柄ができあがります。
刺繍の種類、場所によってさまざまな太さの糸を使いわけて繊細な柄を表現します。

SWATOW写真

大切な日の特別な一枚

着物の帯に挟んだり、
小さなバッグにしのばせるのにも
ちょうど良いサイズ。
正式なお席には、スワトウハンカチーフを…。

ハンカチーフギャラリー本店

Copyright (C) 2000. BLOOMING NAKANISHI & COMPANY, All rights reserved.