ハンカチーフの歴史

Ancient Times

私たちがいつごろからハンカチを使うようになったかは、定かではありません。
しかし、ブリュッセルの記念博物館には、エジプトのダシュール王女(3000BC頃)の墓から発見された精巧な麻の端切れが保存されており、それが手をふいたり、汗をふいたりするための布(ハンカチーフ)であったと考えられています。中国の周時代(紀元前1000頃)の彫像には、まわりをフリンジで縁取られた布切れを提げている姿が見られます。そして紀元前700年頃のペルシャでは、ハンカチーフは高貴さの象徴として使われ、最高級の絹に刺繍飾りをほどこしたそれは、王族だけがもつことを許されていたようです。また、史料によるとローマのアウレリウス皇帝が166年、ローマ市民に麻の小さいハンカチーフを皇帝の行為の印として分け与えたという記述もあります。ローマでは競技場などの観客が小さな旗のように“オラリアム”と呼ばれたハンカチーフをいっせいにふるという光景が見られたようです。このようにハンカチーフの起源は世界各地にあったと考えられますが、いずれも男性の持ち物とされていたようです。 

Middle Ages

イメージ画像

画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p13から引用

中世にはいるとハンカチーフは、ヨーロッパのあちらこちらで婚約のしるしとしての役割を担うようになりました。
現在でいう婚約指輪のような役目といえるかもしれません。戦さにでかける騎士に恋人の女性が、“私のかわりにそばにおいて”と自分のイニシャル入りのハンカチーフを贈るという話が多くあります。この時代には、ハンカチーフは女性や様々な階級の人々にまで広がり、その素材も質もさまざまなものがみられました。また、1540頃にはポケットチーフの使用がベニスで始まり、まもなくヨーロッパ中に広まりました。16世紀も後半になると、レースや刺繍が多く施され、ハンカチーフはその装飾性を増してゆきました。四角い形の麻の大判が一番多かったようですが、隅に金や銀のタッセル飾りがついているものも珍しくなかったようです。

17 Century

イメージ画像

画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p10から引用

ハンカチーフが愛の贈り物や小道具として本格的に用いられるようになります。恋人たちは舞踏会の中で人目を忍んで逢引の約束をするときに用いたり、また愛の証として、自分のイニシャルや紋章入りのハンカチーフを贈ることがさかんでした。1枚のハンカチーフをめぐる悲劇、シェイクスピアの<オセロー>が上演され、絶賛を浴びたのは1682年。そのほかにもフランスの剣士の活躍を描いたデュマの小説<三銃士>にも、貴婦人からの愛の贈り物としてのハンカチが登場。ハンカチーフはその昔からロマンチックでドラマティックな役割を担っていたのです。また、この頃にはエチケットとしてのハンカチーフも定着していたようです。
1619年のイギリスの詩人、リチャードウェストはこんな詩をかいています。
鼻水のでているお鼻をば、ソクラテスがしたように
帽子でふいてはならないよ、着物でふいてはならないよ
いつでも用意にもっている ハンカチーフでおふきなさい
ゆびでも袖でもいけません そんな子供は叱られます

子供たちは300年も前から、ハンカチ持った?といわれつづけてきたのです。

18 Century

イメージ画像 イメージ画像

画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p22から引用

フランス宮廷の婦人たちは当時たいへん高価な贅沢品であったレースのハンカチーフの美しさを競い合いました。当初はイタリアからの輸入に頼っていた高価なレースもフランスの国力増強のため、その技術が導入され、フランスの宮廷文化とともに大きく開花してゆきます。ルイ王朝のベリュ夫人が亡くなったとき、その目録には数え切れない服とともに1500ダース、つまり1万8千枚のハンカチーフがしるされていました。家柄はレースでわかるといまでいわれた宮廷人が、どれほどレースに浮き身をやつしたかが伺えます。王妃マリー・アントワネットが、フランス宮廷のファッションリーダーとして君臨したのは、18世紀末。彼女が様々な形をしていたハンカチーフの中から、正方形を選んで国の内外に広めたといわれています。そのマリー・アントワネットの誕生日(11月2日)に一番近い祝日、11月3日 文化の日を「ハンカチーフの日」としています。
一方中国では、イタリアやベルギーの宣教師たちが宣教のために渡来し、貧しい汕頭地区を経済的に発展させるための産業としてヨーロッパ刺繍の技術を伝えました。それが、中国の装飾的な美意識と村の少女たちのこまやかな手を得て、スワトウ刺繍として大きな花を咲かせ、今に至っています。高価なスワトウハンカチーフは、まさに芸術品。緻密な美しさと洗練されたデザイン感覚は、無名の芸術家たちの究極の職人技といえます。

19 Century

イメージ画像イメージ画像

右 2人の画像
画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p38から引用
左 女性の画像
画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p39から引用

コロンブスがアメリカ大陸を発見し、綿花が見出されてから、綿製品はヨーロッパ全体に広くゆきわたりました。綿は麻よりも加工が簡単で、しかも安価。ファッション性が強くなったハンカチーフには絶好の素材となり、大衆に広く愛されるようになりました。世界各国に普及したハンカチーフは、その後それぞれの文化のもとに独自の発展を遂げたのです。世界的に普及したハンカチーフは日本にも上陸。それまで手ぬぐいをもっていた日本人がハンカチーフを持ちはじめました。その人気は1880年ころの鹿鳴館時代から急激に上昇し、そのまま普及してゆきました。ブルーミング中西の初代中西儀兵衛が欧米雑貨洋物商を創業したのが、その前年の1879年。それ以来、まさにハンカチーフのリーディングカンパニーとしての役割を担ってゆくことになります。1886年ごろには、なんと女学生の間で首にハンカチーフを巻くのが流行したと当時の時事新報が伝えています。

20 Century

イメージ画像

画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p68から引用

20世紀はさまざまな国にそれぞれのハンカチーフ文化が花開いた時代です。スイス・フランス・ドイツ・イギリス・イタリア・チェコ・ベルギー・アメリカ・日本…20世紀初頭のきちんとした女性にとって、レースや刺繍がほどこされ、香りづけされたハンカチーフは日常使いのアイテムとしてなくてはならないものでした。その後、プレタポルテが登場し、ファッションが大衆化。染料の発達やプリント技術の進歩によって、美しい色と自由な柄表現を手に入れたハンカチーフは、まさに百花繚乱の様相を呈します。世界的なイベントに合わせて記念ハンカチーフも多くつくられました。日本では1970年代からのライセンスブランドブームもあり、そのデザイン素材、サイズなどの多様性は他に類をみません。現在では、世界一のハンカチーフ市場を誇っています。

21 Century

イメージ画像

画像はPAOLO PERI著『The Handkerchief』(Zanfi社)p66から引用

さて、これからの人々の生活のなかで、そして人生のなかでハンカチーフはどんな役割を担ってゆくのでしょうか?

21世紀という時代に、単に汗をふく・手をふくという機能にとどまらずに、こころがふるえるとき、涙がこぼれてしまったとき、一番近くにいてあなたを受け止められるような・・・・。そんな感動とともにあるハンカチーフをめざして、ブルーミング中西は仕事をしてゆきたいと思います。

Copyright (C) 2000. BLOOMING NAKANISHI & COMPANY, All rights reserved.

ブルーミング中西株式会社

CLOSE