新着情報

海島綿とは | 西印度諸島産シーアイランドコットンについて

「海島綿(西印度諸島産シーアイランドコットン)」とは

 ブルーミング中西株式会社のハンカチに使用している海島綿は、西インド諸島の限られた地域に生育する超長綿です。

「超長綿」とは

 超長綿とは読んで字のごとく、とても長い繊維の綿です。普通の綿の繊維長が20~25mmであるのに対し、超長綿は繊維長35mm以上の物を指します。その超長綿の中でも、トップレベルの繊維長をもつのが海島綿です。

 繊維長が長いと糸を紡ぐ際に撚り回数が少なくて済むので、柔らかくしなやかな糸ができ、なめらかな肌触りとシルクのような光沢が生まれます。

 つなぎ目が少なく強度のある糸になるので、その糸を使えば、耐久性が高く、軽く、吸水性、放湿性にも優れた生地を作る事ができます。また、海島綿は超長綿の中でも素材自体に含まれる油分が多いので、洗濯を繰り返しても比較的長く、その風合いを保つ事ができます。

「海島綿」の希少性

 海島綿が栽培されているカリブ海地域には、
・ 年間平均気温26~28℃
・ 昼夜の温度差が少ない
・ 年間総雨量1,100㎜~1,200㎜
・ 年間総日照時間3,000時間以上という気象条件
・ 綿木の発芽成長期が雨季、開花時期が乾季という気象サイクル
・ さらに水はけの良いアルカリ性の土壌
均一で節の少ない優れた綿が育つ為の、いくつもの条件が揃っています。(画像:ジャマイカ)

 一般的に高級綿と言われている超長綿の収穫量は全綿花の僅か1.7%ですが、海島綿はその超長綿全体の中で0.01%しかありません。つまり、綿全体の中では数十万分の一しかないのです。
 今後、農業の技術革新が進んでもこの綿花の特性上、手摘みでしか収穫できないため、飛躍的に収量が増えることはないと言われています。まさに、カリブ海地域だけに育つ、神様からの贈り物なのです。

 

プリント、先染め、タオルとアイテム展開も豊富で
年代を問わずに選んで頂ける海島綿のハンカチは
ちょっとした、でも心のこもったギフトにも最適です。

ブルーミング中西株式会社のハンカチ商品で使用している、西インド諸島産シーアイランドコットンについて
もっと知りたい方はこちら↓
https://seaislandclub.jp/west_indian

Copyright (C) 2000. BLOOMING NAKANISHI & COMPANY, All rights reserved.