社員インタビュー加藤 佳奈(2006年入社) 商品統括部 企画室 デザイナー

RECRUIT

生活必需品だからこそデ
ザインの力でライフスタイルを豊かに

Q ブルーミング
中西の入社理由

就職活動の際、正方形という枠の中で生み出す面白さに惹かれ入社しました。形が決まっているのに、デザインは無限。大変な事もありますが、この面白さは尽きることがありません。

ブルーミング中西では20代から50代まで、幅広い世代のデザイナーがいます。デザイナーによって様々な得意分野があり、自分の個性を活かして協力し合っているのでとても働きやすいです。仕事の後で一緒に食事に行って、モノづくりについて語り合うことも。それがモチベーションにもつながっています。

Q これまでの経
歴と現在の業務

手がけているデザインは、大きく分けて“ライセンスブランド企画”と“自社オリジナル企画”の2種類。ハンカチーフだけではなくポーチや雑貨小物まで幅広く手がけています。ライセンス企画は、各ブランドのイメージカラーやテーマがあり、それをどうお客様に好まれる形にしていくかがポイントです。例えば海外のライセンスブランドの場合、日本ではガーゼなどの柔らかい素材が好まれますが、そういった素材に馴染みのない欧米ではなかなか受け入れられないことも。そこで理解を深めてもらうために、高温多湿な日本の気候を説明したり、ファッション性だけにこだわるのではなく“実用品としての心地良さ”を追求して、お互いにとってより良い形で商品化できるようプレゼンするのもデザイナーとしての大事な仕事です。

自社オリジナル企画は、制約がない分ゼロからの発想が必要となります。「お客様のライフスタイルの、どのようなシーンにこの商品があったらステキだろう?」というように具体的に想像していきます。

また、部内でプロジェクトチームを組み、新しい素材や商品の開発に向けても積極的に取り組んでいます。

Q 仕事のやりがい

シーズンイベントの繁忙期には売り場に出て販売を手伝うこともあります。自分がデザインしたハンカチを『素敵ですね』と手に取って頂けると、涙が出るくらい嬉しいです。逆にちょっぴり悲しい気持ちになる事も…。売り場では一喜一憂しています。こうしたお客様の生の声は、すべて次のアイディアのヒントとなっています。今後は、商品そのものをデザインするだけでなく、より広い視野でデザインを考えること。モノだけでなく“コト”も考えてデザインしていく時代に入っています。生活必潤品として、お客様のライフスタイルをより豊かに楽しくしていけるような企画を生み出していきたいです。

Q お気に入りのハンカチーフ

白いハンカチーフは、刺繍やチュールの繊細さと甘すぎないデザインが気に入っています。
大切な場面や結婚式に参列した際はこちらを持つようにしています。
真っ赤なガーベラのハンカチーフは、とにかくパワーが欲しい時!
勝負時にお守りのように身につけています。

1 日のタイムスケジュール

8:30
出社 メールや届いた荷物などのチェック
9:00
ブックマークしているサイトで情報チェック
9:30
MACにてデザイン業務
11:00
来社したメーカーさんと打ち合わせ
12:00
外食ランチで気分転換
13:00
デザインを担当しているハンカチーフの配色や色糸の指示。
14:00
社内ミーティング
15:00
休憩&雑誌チェック。
15:30
デザイン業務の続き
17:00
商品のサンプルチェック後、工場に指示書を発送。
17:30
繁忙期は残業する事もありますが、定時で退社できた時は、市場調査もかねてショッピングや趣味のネイルサロンに。